Gitの基本

履歴を管理するリポジトリ

リポジトリとは、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所です。保存された状態は、内容の変更履歴として格納されています。変更履歴を管理したいディレクトリをリポジトリの管理下に置くことで、そのディレクトリ内のファイルやディレクトリの変更履歴を記録することができます。

ファイルやディレクトリの履歴を管理するリポジトリ

リモートリポジトリとローカルリポジトリ

まず、Gitのリポジトリは、リモートリポジトリとローカルリポジトリの2種類に分けられます。

  • リモートリポジトリ
    専用のサーバに配置して複数人で共有するためのリポジトリです。
  • ローカルリポジトリ
    ユーザ一人ひとりが利用するために、自分の手元のマシン上に配置するリポジトリです。

リポジトリをリモートとローカルの2種類に分けることで、普段の作業はローカルリポジトリを使って全て手元のマシン上で行うことができます。
自分のローカルリポジトリで作業した内容を公開したい時は、リモートリポジトリにアップロードして公開します。また、リモートリポジトリを通してほかの人の作業内容を取得することもできます。

リモートリポジトリとローカルリポジトリ

リポジトリの作成

自分の手元にローカルリポジトリを作成する方法は二種類あります。

一つ目は全く新しいリポジトリを作成する方法、二つ目はリモートリポジトリをコピーして作成する方法です。

リポジトリの作成方法

次のページではコミットについて説明するばい!