変更履歴の統合

変更履歴のマージ

マージ

マージ 例1

最後にpullを実行してから次のpushをするまでの間に、ほかの人がpushをしてリモートリポジトリを更新してしまっていた場合には、自分のpushが拒否されてしまいます。

マージ 例2

この場合、マージという作業を行なって他の履歴での変更を取り込むまで自分のpushは拒否されます。これは、マージを行わないまま履歴を上書きしてしまうと、ほかの人がpushした変更(図中のコミットC)が失われてしまうからです。

マージでは、Gitが変更箇所を自動的に統合してくれるとよ!
でも、自動では統合出来ない場合もあるっちゃんね。
次のページでは、手動で統合する方法を説明するばい!