変更履歴の統合

競合の解決

前ページで説明したように、マージを行うとGitが変更箇所を自動的に統合します。しかし、自動で統合できない場合もあります。

それは、リモートリポジトリとローカルリポジトリでファイル内の同じ箇所を変更していた場合です。この場合、どちらの変更を取り込むか自動では判断できないのでエラーが発生します。

競合が発生した箇所は、Gitがファイルの内容を次の図のように修正するので、手動で修正する必要があります。

競合の発生の例

==で区切られた上側がローカルリポジトリ、
下側がリモートリポジトリの編集内容ば表しとるとよ。

次の図のように、すべての競合箇所を修正してから、コミットを行うと変更を統合したコミットが作成されます。

競合の解決の例