チュートリアル1 ブランチを使ってみよう!

2. ブランチを切り替える

さて、新しく作成したissue1ブランチにコミットを追加していくには、issue1ブランチをチェックアウトする必要があります。

ブランチのチェックアウトはcheckoutコマンドで行います。

$ git checkout <branch>

issue1ブランチをチェックアウトします。

$ git checkout issue1
Switched to branch 'issue1'

この時点での履歴はこのようになります。

現時点での履歴

Note

checkoutコマンドに -b オプションを指定して実行すると、ブランチの作成とチェックアウトをまとめて行うことができます。

$ git checkout -b <branch>

issue1ブランチをチェックアウトした状態でコミットを行うと、issue1ブランチに履歴が記録されていきます。myfile.txtにaddコマンドの説明を追加してからコミットしてみましょう。

サルでもわかるGitコマンド
add 変更をインデックスに登録する
$ git add myfile.txt
$ git commit -m "addの説明を追加"
[issue1 b2b23c4] addの説明を追加
 1 files changed, 1 insertions(+), 0 deletions(-)

この時点での履歴はこのようになります。

現時点での履歴