お知らせするには

お知らせするには | Backlogを使いこなそう | Backlog [バックログ]

コメント登録時や課題の追加/編集時、ファイル添付時にお知らせしたいユーザを選べます。

お知らせはコメントを登録した後にも可能です。

自分以外を担当者に割り当てたときやプロジェクトユーザを追加したときは、その方に自動的にお知らせします。お知らせされた人は、受け取ったお知らせがグローバルバーにすぐに反映されます。詳しくは「自分宛のお知らせ」をご覧ください。

お知らせしたいユーザリストの並び順について

  1. 担当したことがある人(最近の担当者が優先)
  2. コメントに関わった人(最近のコメントが優先)

    同一コメント内では、コメントした人 > 通知された人の順に優先されます。

  3. 課題を作成した人

課題の参加者が2名以上いる場合、リストの先頭に「この課題の参加者」が表示されます。これを選択すると、これまでこの課題に参加した人をまとめて選ぶことができます。