バージョン管理をはじめよう。

プログラマー、デザイナーのためのSubversionリポジトリとWebベースのリポジトリブラウザを提供します。

インストール不要。リポジトリ作成が簡単。

画面イメージ:Subversionの設定

インストールや面倒な設定をする事なく、だれでも簡単にバージョン管理を始める事ができる環境がここにあります。

個人でバージョン管理を始めてみたい方。 社内やグループでバージョン管理を導入したい方。

今すぐバージョン管理をはじめましょう。

リポジトリビューアー。変更履歴や差分の閲覧が行えます。

画面イメージ:リポジトリビューアー

ブラウザ上でリポジトリ内のソースファイルを閲覧する事が可能です。

ファイルの履歴、コードの変更箇所、差分も一目瞭然です。

ユーザ管理

画面イメージ:参加ユーザの編集

リポジトリにアクセスできるユーザの追加・削除も編集画面から時間をかけずに行えます。

サーバ管理者へ依頼する必要もなく、ユーザ管理のわずらわしさが解消されます。

最新のコミット表示。コミットメールも配信。

画面イメージ:Subversionリポジトリ 最新のコミット表示

Subversionリポジトリ画面では最新のコミット10件を表示。

コミットメールの件名に「コミットメッセージがあれば、その一部を」表示します。リポジトリにコミットされると、コミットメールが送信されます。

Subversionによるバージョン管理。

Backlogでのバージョン管理はSubversionで実現しています。
Subversionは多くのプログラマ、デザイナーが使う標準的なバージョン管理です。

課題管理と統合。

Backlogはバージョン管理と課題管理、Wiki機能も連携されたオールインワンのプロジェクト管理ツールです。チームやクライアント間のスムーズなコラボレーションを実現します。

今すぐ無料でご利用頂けます。

無料でご利用頂けるフリープランをご用意しております。
バージョン管理が初めての方の学習用として、社内やグループへの導入をご検討の方のお試し用としてご利用頂けます。
利用ユーザも10人まで追加する事が可能です。

インストール不要。

面倒なインストールなんて必要ありません。
Backlogではワンクリックで誰でも簡単にリポジトリが作成できるようにしました。時間をかけずにバージョン管理がスタートできます。

リポジトリビューアー搭載。

ブラウザにてSubversionリポジトリ(共有領域)を表示します。
いつ、だれが、どのファイルを変更したかインターネットに接続できればどこからでも一目瞭然です。
もちろん変更ファイルの差分、履歴やコミットログも閲覧可能です。

外部リポジトリとも連携。

リポジトリの作成はもちろんですが、既存のリポジトリと外部接続する事ができます。容量をきにせずご利用できます。

セキュリティ確保。フリープランもSSL接続で安心。

SSL接続により、情報を暗号化することで、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐことができます。
サーバのセキュリティ対策には、万全を期していますので安心してご利用頂けます。

ブックマーク
  • はてなブックマークに登録
  • Livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • POOKMARK Airlinesへ追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • newsingに登録
  • ニフティクリップに登録
  • del.icio.usに登録
  • Choixに登録