バグ管理システム

Backlogはシステムのバグを課題として管理します。バグの発見日時や発見者、再現方法、修正担当者、修正履歴、修正方法、重要度、テスト状況などバグ管理に必要な情報を記録します。

  • Find bugs together

    バグの修正状況を確認

    Backlog の検索機能を使うことで、バグの発見日時や発見者、再現方法、修正担当者、修正履歴、修正方法、重要度、テスト状況などの必要情報をすぐに確認できます。

  • View history of changes

    修正履歴や対応履歴を表示

    チームメンバーの不具合修正の履歴をツリー表示します。プッシュ・プルなどの作業内容やソースコードの差分の表示もできます。対応日時や修正方法も記録できるため後から読み返せます。

  • Customize your workflow

    カスタム属性で項目を追加

    Backlog カスタム属性を利用することで期限日やカテゴリなどの項目に加えて、ブラウザーやOSの種類、利用言語なども設定できます。

  • Get feedback from everyone

    ソースコードを相互レビュー

    プロジェクト管理ツール Backlog は、不具合管理はもちろん、プロジェクトやタスクも管理します。プロジェクトとバグ対応を関連づけて管理することでチームメンバーの作業状況を把握しましょう。

  • Set issue status

    作業の状態を設定

    Backlog で課題の状態を設定しましょう。課題は未対応・処理中・処理済み・完了の4つから選択できます。作業状態を設定してWIPを明確にすることで作業の進捗状況をメンバーに周知できます。

  • Watch important issues

    ウォッチ機能で進捗を見守る

    Backlog のウォッチ機能で課題を見守りましょう。ウォッチ中の課題は自分宛に通知がされていなくても、更新されると自動でお知らせが届きます。課題からウォッチアイコンを選択するだけで簡単にお使いいただけます。

お気に入りのサービスと連携

Jenkins、Redmine、メールなど、自分が使い慣れているサービスとBacklogを連携して作業を効率化しましょう。

連携できるサービス一覧をみる »