API や Webhook を利用することで、他のサービスと連携したり、
独自のアプリケーションを作成でき、チームオリジナルな使いかたができるようになります。

API

API を利用することで、他のサービスやアプリケーションから Backlog の機能を利用することができます。

例えば、他のアプリケーションから課題やコメントを追加したり、独自の集計を行ったり、Backlog と連携した新しいサービスを開発・公開することができます。

Webhook

Webhook は、課題やコメント、Wiki、ファイルの追加や更新、Subversion や Git へのコミットやプッシュなどのイベントが起きたときに、指定したURLにその情報を送信 (HTTPリクエスト)することができる機能です。

例えば、課題が更新されたときにチャットサービスに通知したり、Git リポジトリにプッシュされたときにビルドシステムに通知する等、他のサービスやシステムとの連携に利用することができます。

アプリケーション登録

API v2でOAuth2.0を使用するアプリケーションを開発したい方は、アプリケーション管理ページでアプリケーションを登録してclient_idとclient_secretを取得することが出来ます。

ショーケース

APIを利用してユーザーさんが作ったアプリ、ツールをご紹介しています。