Backlogスタートアップガイド

Backlogには3つの権限があります。まずはご自分がどれに該当するのかチェック!

  • スペースオーナー

    Backlog のスペースにただ一人存在するユーザで、スペースに関する全ての操作を行う権限を持ちます。

    もしあなたが、Backlog のサイトからユーザ名、パスワードを登録してスペースを申し込んだならば、あなたはスペースオーナーです。管理者の権限に加え、アクセス制限の編集(プレミアムプラン以上の有料プランのみ)、利用プランの変更、スペースオーナーの変更、解約手続き等の権限を持ちます。

    スペースオーナー向けのガイドはこちら
  • 管理者

    Backlog のスペースの管理を行うユーザで、複数のユーザが管理者になれます。

    ログイン後のダッシュボードに「スペース設定」へのリンクが表示されている場合、あなたは管理者の権限を持ちます。一般ユーザの操作に加え、プロジェクトの追加・編集、ユーザの追加・編集といったスペースの管理作業を行う事ができます。

    管理者向けのガイドはこちら
  • 一般ユーザ

    Backlog を利用するユーザで、プロジェクト内での基本的な操作は全て行う事ができるユーザです。スペースオーナー、管理者のどちらにもあてはまらない場合、あなたは一般ユーザです(*)。
    課題の登録、閲覧、コメントの投稿、課題の編集、状態変更、カテゴリーの追加・編集、発生バージョン/マイルストーンの追加編集ができます。

    (*) 実際には一般ユーザよりも操作を制限されたユーザもいます。ビューアという閲覧のみを許可されたユーザの場合は、本ガイドで説明のある課題の追加、コメントの追加といった操作は行えません。

    一般ユーザ向けのガイドはこちら