1 システム要件

Backlog プロフェッショナル インストールガイド システム要件 をご確認ください。

サーバにホスト名をつけられる場合は、/etc/hosts にそのホスト名を設定してください。
ホスト名を<ホスト名>とした場合の設定例:127.0.0.1 <ホスト名> localhost.localdomain localhost

2 Java のフォント設定

Backlog プロフェッショナル インストールガイド Java のフォント設定 をご確認ください。
( アップグレードの場合、通常はすでに設定済みです )

3 追加パッケージのインストール

Backlog プロフェッショナル インストールガイド 追加パッケージのインストール をご確認ください。

4 アップグレード

次の手順でBacklogをアップグレードします。

  • Backlogパッケージ(RPMファイル)をダウンロードします。
  • データベースドライバをダウンロード・インストールします。
  • RPMのインストール
  • アップグレードツールを起動します。
  • 質問に答えて先に進めば、アップグレードは完了します。

4.1 Backlogパッケージアーカイブのダウンロード

ご購入時にお知らせしましたダウンロードサイトにアクセスします。アクセスにはユーザ名・パスワードが必要です。

画面:ダウンロード画面

BacklogパッケージRPMがダウンロードできます。ダウンロードするRPMファイルは4つあり、ご使用のOSによってRPMファイルが異ります。

4.1.1 Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (i386) の場合

  • backlog-app-1.10.0-03.el6.noarch.rpm
  • backlog-www-1.10.0-01.el6.i386.rpm
  • backlog-git-1.10.0-01.el6.i386.rpm
  • backlog-api-1.10.0-01.el6.noarch.rpm

4.1.2 Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (x86_64) の場合

  • backlog-app-1.10.0-03.el6.noarch.rpm
  • backlog-www-1.10.0-01.el6.x86_64.rpm
  • backlog-git-1.10.0-01.el6.x86_64.rpm
  • backlog-api-1.10.0-01.el6.noarch.rpm

4.2 データベースドライバのダウンロード・インストール

Backlogでは、Java言語およびPerl言語用のデータベースドライバを使用します。ご使用のデータベースによって、以下を行ってください。

4.2.1 MySQLの場合

  • Java言語用 MySQLデータベースドライバ

    Java言語用データベースドライバをダウンロードする必要があります。下記URLのダウンロードサイトより「Platform Independent (Architecture Independent), Compressed TAR Archive」の最新バージョンをダウンロードし、展開します。
    http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/

    画面:MySQLドライバのダウンロードサイト

    展開したファイルの「mysql-connector-java-XXX-bin.jar」を、Backlogパッケージをダウンロードしたディレクトリにコピーしてください。

    • 例 (/tmp/backlog-1.10.0 でアップグレード作業する場合)
    # tar zxfv mysql-connector-java-5.1.42.tar.gz
    # cp mysql-connector-java-5.1.42/mysql-connector-java-5.1.42-bin.jar /tmp/backlog-1.10.0/
  • Perl言語用 MySQLデータベースドライバ

    OS付属の"perl-DBD-MySQL"パッケージ(またはそのアップデート)をインストールしてください。

    # yum install perl-DBD-MySQL

4.2.2 PostgreSQLの場合

  • Java言語用 PostgreSQLデータベースドライバ

    Java言語用データベースドライバは、Backlogに付属していますので、何もする必要はありません。

  • Perl言語用 PostgreSQLデータベースドライバ

    OS付属の"perl-DBD-Pg"パッケージ(またはそのアップデート)をインストールしてください。

    # yum install perl-DBD-Pg

4.3 RPMのインストール

以下のコマンドにてBacklogパッケージをインストールします。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (i386) の場合
    # rpm -ivh \
      backlog-app-1.10.0-03.el6.noarch.rpm \
      backlog-www-1.10.0-01.el6.i386.rpm \
      backlog-git-1.10.0-01.el6.i386.rpm \
      backlog-api-1.10.0-01.el6.noarch.rpm
  • Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (x86_64) の場合
    # rpm -ivh \
      backlog-app-1.10.0-03.el6.noarch.rpm \
      backlog-www-1.10.0-01.el6.x86_64.rpm \
      backlog-git-1.10.0-01.el6.x86_64.rpm \
      backlog-api-1.10.0-01.el6.noarch.rpm

4.4 アップグレードツールの起動

Backlogパッケージ(backlog-app)に同封しているアップグレードツールを使用して、プロフェッショナル版へのアップグレードを行います。

# /opt/backlog/bin/upgrade.sh

スタンダード版(Tomcat)の停止を確認するメッセージが表示されます。

問題なければ、アップグレード処理を始めてください。

======================================================================
   Backlog Professional upgrader
   ____             _    _
   |  _ \           | |  | |
   | |_) | __ _  ___| | _| | ___   __ _
   |  _ < / _` |/ __| |/ / |/ _ \ / _` |
   | |_) | (_| | (__|   <| | (_) | (_| |
   |____/ \__,_|\___|_|\_\_|\___/ \__, |
                                   __/ |
                                  |___/

                                         [http://www.backlog.jp]
======================================================================

バックログのアップグレードを開始します。

起動タイトル表示され、環境設定を開始します。
メッセージ中に表示される[]の値は、未入力時に既定値として設定されます。

Backlog Standard をインストールしているディレクトリを絶対パスで指定してください

スタンダード版がインストールされているディレクトリを絶対パスで指定してください。
(スタンダード版で使用しているTomcatのインストール先が/usr/local/apache-tomcatの場合、/usr/local/apache-tomcat/webappsを指定します。)

次の設定内容で起動設定を行います。

Backlog URL       [http://localhost:8969]
SMTPサーバホスト  [localhost]
データベース      [PostgreSQL]
  サーバホスト        [localhost]
  ポート番号      [5432]
  ユーザ          [backlog]
  パスワード      [backlog]

よろしいですか?
( y<続ける> / r<やり直し> ) 
  • 現在インストールされているスタンダード版の設定確認が行われ「y<続ける>」を選択することでアップグレードが行われます。
  • 「n<やめる>」を選択した場合は、アップグレードを中止します。

なお、使用しているデータベースがMySQLの場合はJDBCドライバ(Java言語用データベースドライバ)の選択を行う必要があります。

使用するJDBCドライバを選択してください。
1:mysql-connector-java-5.1.42.jar

カレントディレクトリに置かれた mysql-connector-java-XXX.jar を選択対象として表示します。

データベースの接続検証が行われた後、移行作業が行われます。

正常にアップグレードが完了しました。

引き続き Backlogをご利用ください。

メッセージが表示されBacklogのアップグレードが完了します。
注)アップグレード処理により スタンダード版 Backlog 及び、スタンダード版で使用していた、イメージファイルとインデックスファイルを管理する作業ディレクトリは削除されません。

5 Backlogの起動

Backlogは以下のコマンドで起動します。 ( アップグレードツール起動後は自動的に起動します )

# service backlog-app start
# service backlog-www start
# service backlog-git start
# service backlog-api start

なお、初回起動時は検索インデックスの再構築作業を行いますので、環境によってはアクセスに時間がかかる場合があります。

6 ライセンスキーの更新

アップグレードが完了したら、プロフェッショナル版の追加機能を使用するためにライセンスキーの更新を行う必要があります。
Backlogにログイン後、スペース設定 > ライセンスキーの変更より、プロフェッショナル版ライセンスキーに更新を行ってください。

( ヘルプの ライセンスキーの更新 についてもご確認ください )

7 アップグレードがおわったら

運用に関する情報を、運用ガイドでご確認ください。

  • Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Red Hatは米国およびその他の国におけるRed Hat, Incの登録商標または商標です。
  • MySQLとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • その他記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

Author: Backlog Support <support@backlog.jp>

Date: 2017-10-03 13:15:26 JST