プロジェクト管理に必要な機能が1つに

Backlogはメールやスプレッドシートに代わるチームのタスク管理ツールです。プロジェクトの課題整理や進捗の確認からチームのコミュニケーションまで1つで管理します。

  • プロジェクトを見える化

    Backlogでプロジェクトの進捗を見える化しましょう。開発、デザイン、マーケティングなど業務ごとにプロジェクトを立てることでタスクの整理ができます。プロジェクトごとに課題を立てて作業に取り掛かりましょう。

  • ガントチャートで進捗確認

    プロジェクトの進捗をガントチャートで確認しましょう。開発、デザイン、マーケティングなどの作業計画を色分けされた棒グラフで表示します。数ヶ月の長期プロジェクトにはマイルストーンも併用しましょう。

  • 作業の進捗状況を可視化

    Backlogは課題の担当者・期限を設定できます。作業の進捗状況は未対応・処理中・処理済み・完了の4つから選択できます。担当者とWIP(ワークインプログレス)を明示して、対応漏れを防止しましょう。

  • 職種を超えたコラボレーション

    非エンジニアでも使えるプロジェクト管理ツール Backlog は、シンプルでわかりやすいデザインのため、開発、デザイン、マーケティング、営業、総務、人事など職種を超えたコラボレーションが実現できます。

  • ユーザーの権限管理

    コラボレーションツール Backlog は、社内メンバーから代理店や取引先まで、ひとつのスペースで情報共有や作業ができます。管理者は各ユーザーに適切な権限を振り分けて、簡単に権限管理ができます。

  • モバイル端末でプロジェクト管理

    モバイルやタブレットからもプロジェクト管理をしましょう。ブラウザ版のBacklogスペースのデータと自動で同期されるため、チームメンバーへのフィードバックなど最新の情報を即座に共有できます。

お気に入りのサービスと連携

Jenkins、Redmine、メールなど、自分が使い慣れているサービスとBacklogを連携して作業を効率化しましょう。

連携できるサービス一覧をみる »