マネージャー向けのプロジェクト管理ツール

Backlog はチームではたらくすべての人が使えるプロジェクト管理ツール。質の高い製品開発をするために必要な機能がオールインワン。

  • プロジェクトの進捗を追跡する

    リリース計画表をもとにプロジェクトを作成して、課題の担当者を設定しましょう。。どの作業が完了して、どの作業が遅れているのか、一目で把握できます。

    プロジェクト管理の詳細をみる »

  • 複数のチーム間で協力する

    新しい製品リリースに向けて、部署をまたいで情報を共有しましょう。開発、デザイン、マーケティングなど各チームと協力することで、計画通りのリリースを実現します。

    チームコラボレーションを改善する »

  • 課題をより速く解決する

    作業依頼、アイデアの提案、バグ修正などの課題を的確にメンバーに割り当てます。コメントを投稿して会話をすることで、誰が何に取り組んだのか記録を残します。

    課題追跡の詳細をみる »

プロジェクトの目標を明確にする

製品開発のプロジェクトやリリースに向けて、メンバー全員が目標を一つにして取り組めます。

  • プロジェクト管理

    Backlogは、プロジェクト管理やチームの共同作業、進捗状況の追跡に必要な機能がオールインワン。誰が何に取り組んでいるのか一目で把握し、ガントチャート上で直接課題を更新することで各メンバーの作業負荷のバランスを保ちます。

  • 製品リリース

    Backlogを使うことで、開発・デザイン・マーケティング・セールスなど部署をまたいで協力することができます。リリース後はBacklogでフィードバックを集めたりバグを追跡したりして、次のバージョンに向けた改善ができます。

製品管理に役立つ機能

  • マイルストーン

    計画通りに目標に到達するために、プロジェクトを複数の段階に分けます。

  • ガントチャート

    プロジェクト全体の概要を表示し、作業計画を見える化します。

  • Notifications

    お知らせ機能

    必要に応じて特定のチームメンバーに課題をお知らせします。

  • File Sharing

    ファイル共有

    プロジェクトに関連するファイルは、共有フォルダでまとめて管理します。

  • Wikis

    Wiki

    Wikiでチームメンバーの情報共有を促進しましょう。プロジェクトに関する概要や作業手順書などをチームで共同編集できます。

  • IP Address Control

    IPアドレス制限

    セキュリティ強化のため、プロジェクトメンバーがスペースにアクセスできる場所を制限します。

    セキュリティについての詳細はこちら